SVCモニタリングチームの労働者災害補償保険の適用

公益社団法人福島原発行動隊は,SVCモニタリングチームの一人一人と雇用契約を結び,法律で定められた最低賃金あるいはそれ以上の賃金を支払います.チームの方々は労働基準法上の労働者となり,労働災害保障保険法上では公益社団法人福島原発行動隊が労災適用事業所となります.

今後,関係機関・組織と請負・委託・派遣等の契約を締結し,その契約に基づきSVCモニタリングチームが現地(半径20キロ圏内・外)での作業(労務)を予定しています.万一にもモニタリングチームの方々に,作業中の事由又は通勤による負傷,疾病,障害,死亡等(放射線によるものも含む)が発生した場合,労災補償制度により補償を受けることができます.

公益社団法人福島原発行動隊は「福島第一原発事故収束作業における若年者の被曝を少しでも高齢者が肩代わりする」ことを目的としています.なお,行動隊員はボランティアではありますが,労働災害保険の対象とすること(少なくとも最低賃金が支払われること)を含め,収束事業の実施主体が費用負担をする有償活動であることを前提とします.

担当:栗山(社会保険労務士),家森(行政書士)
accidentCompensationInsurace
労働者災害補償保険 のトップページです