SVCモニタリングチームの被曝管理

20km圏内は放射線管理区域ですので常に被曝の可能性があります。現在20km圏内のモニタリングを行っている電力支援チームが受けている被曝管理と同様の管理を東京電力にお願いするのが最も現実的な方法であると考えています。但し、毎日の一人ひとりの読みだされた被曝量はモニタリング支援チーム(モニタリング作業は行わないがその他のサポート作業を被曝の可能性のない場所(J−Villageなど)で行うチーム)によっても管理され、「公益社団法人福島原発行動隊」によって永久に保存されます


除染等業務に従事する労働者の被ばく線量管理(様式1)