モニタリングチームのメンバー募集のお知らせ

2011年7月28日の院内集会において、行動隊の基本方針が発表され、当面の方針として、20km圏内・外の環境放射線のモニタリングに参画することが提起されました。

この方針に基づき、モニタリングチームの編成作業を行っています。また、環境放射線のモニタリングは文部科学省の統括の下に全国の大学、研究機関、地方自治体の研究・検査機関、電力会社が行っています。また、環境省は除染事業に伴うモニタリングを行っています。
行動隊のモニタリングチームもこれら枠内で活動することを目指します。

20km圏内・外の環境放射線のモニタリングは単発的な作業ではなく非常に長期にわたって続けなければならない原発事故収束事業の中の重要な事業の一つと位置づけられます。以下のページにモニタリングに関する参考資料およびデータを掲載してあります。

 http://svc-monitoring.net

ご面倒でもこれらの資料をお読みいただき、ご経験・ご経歴から参加可能と思われる方は下記の要領でお申込みください。なお、モニタリング事業の長期継続の必要性に鑑み、現在の行動隊員のみならず50歳以上の賛助会員の方でも将来モニタリング事業に参加するご意志をお持ちの方はその旨明記してお申し込みください。

■申込要領:以下の7項目をご記入下さい。
  ①お名前(ふりがな・性別)
  ②住所   
  ③電話番号
  ④生年月日
  ⑤最終学歴(年度・専門・学位)
  ⑥簡単な職歴(特技)
  ⑦主な資格

■モニタリングチームへの参加申し込先

 sin@svc-monitoring.net

なお、モニタリングチーム(被曝の可能性のある地域で作業着を着て放射線の測定作業に従事する)の他に、これをサポートするチーム(測定作業には直接従事せず、人員配置、スケジュールの管理、被曝量の管理、物資の調達などの仕事をする)の編成も必要になりますが、このサポートチームの募集は、後日改めてさせて頂きます。

モニタリングチーム編成責任者

 塩谷・伊藤・西・高橋