厚生労働省は、「東日本大震災により生じた放射性物質により汚染された土壌等を除染するための業務等に係る電離放射線障害防止規則」(以下「除染電離則」)の一部を改正する省令などを、平成24年7月1日から施行しました。

 今回の改正は、避難区域の見直しに伴い、「除染特別地域」(※1)で「除染作業以外の生活基盤の復旧や、製造業の事業など(※2)」が開始・再開されることを受けたものです。

 改正のポイントは、

(1)1万ベクレル毎キログラムを超える汚染土壌等を扱う業務(特定汚染土壌等取扱業務)を除染等業務に加える

(2)平均空間線量率が2.5マイクロシーベルト毎時を超える場所で行う除染等業務以外の業務(特定線量下業務)を新たに除染電離則の適用とする

の2点で、事業者に、労働者の放射線障害防止のための措置をとることを義務付けました。

 

除染等業務ガイドライン」の内容を改正、「特定線量下業務ガイドライン」を新たに策定しました。

これらのガイドラインは、以下の項目などについてまとめています。

(1) 被ばく線量管理の対象及び方法

(2) 被ばく低減のための措置

(3) 汚染拡大防止、内部被ばく防止のための措置

(4) 労働者に対する教育

(5) 健康管理のための措置

(6) 安全衛生管理体制等

 

ガイドラインは、除染等業務または特定線量下業務に従事する労働者の安全を確保するためものですが、

除染特別地域で活動する住民やボランティアなどのみなさんにも役立つことを想定しています。

 

※1: 平成23年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震に伴う原子力発電所の事故により放出された放射性物質による環境の汚染への対処に関する特別措置法(平成23年法律第110号)第25条第1項で規定

※2: このほか、病院・福祉施設の再開準備、営農・営林の再開、付随する運送業務などを含む

 

リンクのある項目には, click によってジャンプできます.

 

(別添1)新たな避難指示区域での復旧・復興作業の放障害防止対策PDF:721KB

              http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000002czvf-att/2r9852000002d02a.pdf

(別添2)除染等業務に従事する労働者放射線障害防止のためのガドライン

              http://www.mhlw.go.jp/new-info/kobetu/roudou/gyousei/anzen/dl/120118-01.pdf

(別添3)特定線量下業務に従事する労働者の放射線障害防止のためのガドライン

              http://www.mhlw.go.jp/new-info/kobetu/roudou/gyousei/anzen/dl/120625-3.pdf

              以下の 3つの「別紙」はこの 別添3 に含まれている

別紙1 除染特別地域等の一覧

別紙2 平均空間線量率の測定・評価の方法

別紙3 労働者に対する特別教育

 

(参  考) 

1 除染等業務に係る放射線障害防止対策について (厚労省 URL

              http://www.mhlw.go.jp/bunya/roudoukijun/josen_gyoumu/

 

2 除染電離則 新旧対条文PDF:221KB

              http://www.mhlw.go.jp/bunya/roudoukijun/josen_gyoumu/dl/120625-03.pdf

3 基準告示 新旧PDF:123KB

              http://www.mhlw.go.jp/bunya/roudoukijun/josen_gyoumu/dl/2.pdf

4 特別教育告示 新旧対照条PDF:126KB

              http://www.mhlw.go.jp/bunya/roudoukijun/josen_gyoumu/dl/3.pdf

5 除染等業務特別教育キスト(学科科目) 改訂版

              http://www.mhlw.go.jp/new-info/kobetu/roudou/gyousei/anzen/dl/120118-04-zentai.pdf

  動画教材(実技科目)

              http://www.mhlw.go.jp/bunya/roudoukijun/josen_gyoumu/120214_1.html

 

6 特定線量下業務特別教育キスト  新規

              http://www.mhlw.go.jp/new-info/kobetu/roudou/gyousei/anzen/dl/120625-4-zentai.pdf

7 除染等業務 パンレット(事業主向け)

              http://www.mhlw.go.jp/new-info/kobetu/roudou/gyousei/anzen/dl/120118-02.pdf

8 特定線量下業務 リーレット(事業主向け)

              http://www.mhlw.go.jp/new-info/kobetu/roudou/gyousei/anzen/dl/120625-1.pdf

9 除染等業務 パフレット(労働者向け)

              http://www.mhlw.go.jp/new-info/kobetu/roudou/gyousei/anzen/dl/120118-03-zentai.pdf

10 特定線量下業務 リーフット(労働者向け)

              http://www.mhlw.go.jp/new-info/kobetu/roudou/gyousei/anzen/dl/120625-2.pdf

 

警戒区域及び避難指区域の見直し

ステップ2の完了を受けた警戒区域及び避難指示区域の見直しに関する基本的考え方及び今後の検討課題について

平成23 12 26

原子力災害対策本部

 帰還困難区域,居住制限区域,避難指示解除準備区域 の定義

http://www.meti.go.jp/earthquake/nuclear/pdf/111226_01a.pdf


作業環境

管理項目

作業場所での空間線量

取り扱い対象(汚染土壌など)

線量管理

被ばく低減措置

教育

健康管理措置

2.5μsV/h 越え

1Bq/kg未満

個人線量計による外部被ばく測定

・空間線量率の事前・継続的な測定
・異常時の医師による診察

労働者に対する特別教育(学科)

一般検診(年1回)

1Bq/kg越え

・個人線量計での外部被ばく測定
・汚染土壌などの放射性物質濃度,粉じん濃度に応じた内部被ばく測定

・作業計画書,作業指揮者
・作業届け

 

・特殊検診(年2回)
・一般検診(年2回)

0.23 越え 2.5μsV/h 未満

1Bq/kg未満

・線量管理など不要
・あらかじめ除染作業を実施,2.5μsV/h 未満のもとで作業に就かせる

 

 

 

1Bq/kg越え

2.5μsV/h 越えの場所での作業が見込まれる者には外部被ばく測定(簡易測定可)

 

 

一般検診(年1回)

改正 除染電離則 より