バイアグラの歴史について

バイアグラは現在ED治療薬として最も有名な薬です。 世界で始めて、服用するだけでEDが改善されるという画期的な薬として登場し、瞬く間にマスコミや口コミでそのすばらしい評価は広がりました。

バイアグラは最初的な ED 治療薬でしたが、実はもともと ED 治療薬として開発されたのではなく、狭心症治療薬として開発されました。

1990年代初頭です。 バイアグラの主成分であるシルデナフィルは、英国ファイザー社の研究機関であるファイザー・サンドイッチ・リサーチ・アンド・ディベロップメント社によって開発されました。 EDの治療薬としてではなく、狭心症の治療薬を開発することが目的です

しかし、臨床試験や研究が繰り返されたにもかかわらず、シルデナフィルは狭心症の治療薬として効果的ではありません。

当時参加していた被験者から余分なシルデナフィル錠を回収しようとしたところ、多くの被験者が返却を渋りました。 担当者に理由を聞いたところ、服用することで勃起を促す効果があることがわかりました。 この副作用は予想外の発見であり、狭心症治療ではなくED治療として研究され、バイアグラとして販売されました.

バイアグラはファイザー社が偶然開発したED治療薬です。

1998年春、バイアグラがアメリカで発売され、瞬く間にヒットしました。 しかし、日本の医療機関はまだバイアグラを扱うことができず、米国での人気とその薬の有効性についての噂を聞いて、一部の日本人は独自にバイアグラを輸入し始めました. 当時、夢の新薬として大きく報道され、多くの人が欲しがっていたに違いありません。

しかし、ニトログリセリンなどの狭心症治療薬を服用していた男性が、バイアグラの性質や禁忌を知らずに、自分の輸入したバイアグラを性行為のために服用し、地面に倒れて死亡した事例が数件報告されており、ニュースになっています。 これにより、バイアグラは危険であるという日本人の印象が強まりました。

バイアグラの審査スピードは異例の速さで、米国での発売から2年後の1999年、日本の厚生省から製造が承認され、販売が開始されました。 日本の厚生省が他国で開発された医薬品を承認するのに10年以上かかるという事実から、審査の異常なペースを見ることができます。

そのように、現在日本全国の医療機関で処方されているバイアグラは、多くのED患者の人生を変える薬です。 とはいえ、インターネットや個人輸入を扱っている人はまだまだ多いので、そういった道を通り抜ける人もいます。

現在はファイザー社のアップジョン事業部と米国ジェネリック医薬品メーカーのマイラン社による統合新会社へ製造販売承認及び販売が移管されました。

だから、人々はますます個人輸入代行などで海外からバイアグラを購入します。ばい あぐら 通販サイトもいろんなありますが、半数以上は偽物であり、例え本物であったとしても、薬の特徴や、併用禁忌の薬などの知識なく服用することはとても危険です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする