女性にも「朝立ち」があるの?

ご存知のように、男性は朝立ちしますが、これは生理現象です。 通常の状況下では、人体の内分泌系は体のバランスを維持するためにいくつかのホルモンを分泌します。 では、女性は朝に少し生理反応を起こすのでしょうか?もし反応があるとすれば、この現象は何なのでしょうか?

sexy

実は女性にも朝の生理反応があり、これを「朝濡れ」と呼んでいます。

なぜ「朝濡れ」なのか

「朝濡れ」とは、その名の通り、朝起きた時に透明な液体で濡れた下着を指すのです。一般的に、これは帯下のはずで、通常15歳から45歳までに発生します。

さらに、年配の独身女性の若者は通常、「朝濡れ」を持っています。これは、このグループの人々が性生活を欠いているためです…

「朝濡れ」は、身体的な問題、特定の婦人科の炎症、婦人科の病気などによって引き起こされることもあります。

この現象が発生した場合、友人は自己診断を行うことができます。下着が濡れている、臭い、下半身がかゆいなどの場合は、婦人科の炎症がある可能性があります。このとき、病院に行くことをお勧めします。

さらに、それは生理期の到来を告げるかもしれません。

>>「朝立ち」とは?なぜそれを起きるの?

朝濡れの利点は何ですか?

  1. 潤滑剤

膣は通常、前壁と後壁がしっかりと閉じています。 帯下によって形成される湿った環境は、膣の前壁と後壁の​​摩擦を減らすことができるため、膣が損傷することはありません。 一部の女性は、膣内に帯下がほとんどないように膣を洗浄することが多く、これにより膣粘膜が損傷を受けます。 この湿度の高い環境では、粘膜の弾力性が増し、性交の質が向上します。

  1. 自然の保護バリア

帯下は、体内で有益な細菌を培養するのに非常に優れており、子宮頸部にメッシュバリアを再形成して、外来病原体の侵入に抵抗することもできます。

  1. 受胎補助

排卵期は帯下の量が最も多く、この時期の主な機能は、雄の「オタマジャクシ」が帯下に沿って卵子と結合できるようにすることであり、「オタマジャクシの自然な滑走路」と呼ぶことができます。 この時期に帯下が増し、色が赤くなっていれば排卵期に入ったということで、そうでなければ卵巣機能不全による卵胞発育不全の可能性があります。 では、正常な状態かどうかはどう判断すればよいのでしょうか? もちろん、帯下の変化から排卵期を判断することもできます。

  1. 体からゴミを出す

Leucorrhea は天然のシャワー ジェルのようなもので、常に膣のスパとして機能し、すべての死んだ皮膚と代謝老廃物を排出します!